お問い合わせ

集塵機メンテナンス事例

9月 24th, 2021集塵機運転時異音・振動による排風機インペラ交換

こちらのお客様は鋳造時に塗布する離型剤を捕集される目的でスクラバーを使用されております。お客様より装置を運転すると運転音と振動が大きくなったとご連絡を頂きました。

現地にて装置を確認するとインペラの羽根が腐食により一部欠損し、バランスが崩れている状態でした。既存インペラと同じSS材では再び腐食が起きてしまう為、素材をSUS材に変更したインペラにて後日交換作業を行いました。高所かつ作業エリアの狭い箇所に搭載されている排風機の為、カニクレーンにてモーターごと取外し、SUS製のインペラに付け替えを行い排風機を復旧致しました。

このような現象の確認から原因追及・交換修理まで弊社には実績が多数ございますので、お気軽に集塵機メンテナンス.comへご相談ください。

4月 30th, 2021オイルミスト集塵機フィルター交換

こちらのお客様は化学系の生産ラインにて製品加工中に発生するオイルミストを集塵しております。集塵機メンテナンス.comにて定期的に訪問、メンテナンスを実施させて頂いております。

その中で今回はオイルミスト集塵機のフィルターが汚れており集塵能力の低下の恐れが出てきた為フィルター交換を行いました。こちらのお客様に関しては定期的にメンテナンスをやらせて頂いておりますのでフィルターを二セット(集塵機に取付て使用する分と予備の分)ご用意頂いており、交換時に回収した汚れたフィルターを弊社で清掃、再生処理した後お客様へお返して交換用の予備フィルターとして保管頂く方法を行っております。

この方法を行う事により交換の都度新品購入フィルターをするよりもランニングコストを抑えて集塵機を使用し続ける事が出来るようになっております。

もちろん複数回再生処理を行いフィルター自体が痛んできた際には弊社にて新品フィルターをご用意することも出来ますので、お困りの事があれば集塵機メンテナンス.comへご相談下さい。

各現場毎の環境、状況に適した方法をご提案させて頂きます。

11月 27th, 2020集塵機 ロータリーバルブチップ交換

こちらのお客様は、集塵機にてノンアス粉を収集されております。また、こちらのお客様へは、集塵機メンテナンス.comにて定期的にご訪問させていただき、集塵機の保全・メンテナンスを実施させていただいております。

今回も、従来同様に定期点検にてご訪問し、細部まで確認を実施したところ、集塵機の排出機構部にある「ロータリーバルブ」という機構における、ブレードに装着しているチップが摩耗していることを確認。このまま摩耗が進んだ場合、シール性が確保できなくなり、ブレード部からのエアーや粉塵漏れなどが発生する恐れがあります。そのため、チップ部の交換を提案し、部品調達から交換まで一貫して対応させていただきました。部品交換後は、もちろん問題なく動作しております。

このように、集塵機メンテナンス.comのメンテナンスは、細部の不具合・不調も見逃さず、確実な点検を心がけております。集塵機のメンテナンス・保全のことなら、集塵機のプロ、集塵機メンテナンス.comにお任せください!

11月 24th, 2020集塵機 フィルターメンテナンス・交換

こちらのお客様は、化学・薬品系のメーカー様です。薬品系の製造を行う際に発生する粉塵を集塵機にて集塵しており、そちらの集塵機に関しては、集塵機メンテナンス.comで定期的にメンテナンスを実施させていただいております。
今回の点検では、フィルターの目詰まりの進行具合から、次回メンテナンスまでに能力低下が発生する恐れがありましたので、フィルター交換を実施させていただき、お客様にご納得いただいたうえで、交換作業を実施させていただきました。もちろん、交換後は、快調に動作しております。
このように、お客さまの集塵機使用状況に応じて、集塵機メンテナンス.comのスタッフが、メンテナンス・フィルター交換計画をご提案させていただき、最大限コストがかからない方法にて実施させていただいております。集塵機の保守点検なら、集塵機メンテナンス.comにお任せください。

11月 24th, 2020オイルミストコレクター 扉パッキン交換

こちらのお客様は、オイルミストコレクターにてコンクリート関連の化学品を集塵されています。また、集塵機メンテナンス.comにて定期的にご訪問させていただき、内部の清掃を実施させていただいております。前回の定期点検実施時に、扉のパッキンの劣化が進行により、このまま放置した場合には扉部分からの集塵物の漏れが発生することが予想されたため、交換の提案をさせていただきました。そして、今回の定期ご訪問時に交換作業を実施させていただきました。交換は、交換部位をある程度洗浄後、実施させていただいております。
このように、お客様の使用しているオイルミストや集塵機の使用状況に応じて、集塵機メンテナンス.comではメンテナンス計画をご提案させていただいております。集塵機やオイルミストコレクターのメンテナンスを定期的に実施する必要があるお客様は、まずは集塵機メンテナンス.comにご相談ください。

11月 24th, 2020オイルミストコレクター エリミネーター交換

こちらのお客様は、オイルミストコレクターにて化学品を集塵されています。また、集塵機メンテナンス.comにて定期的にご訪問させていただき、内部やフィルターの清掃を実施させていただいております。前回の定期点検実施時に、油煙や粉塵の削減に使用される「エリミネーター」の劣化が進んでいるため、エリミネーターの交換をご提案させていただいておりました。そのため、部品調達に時間がかかる都合上、今回の定期ご訪問時に交換作業を実施させていただきました。従来部品と同様の製品を調達しておりますので、交換作業はすぐに終了致しました。
このような、お客様の使用しているオイルミストや集塵機の使用状況に応じたメンテナンス計画に関しましても、集塵機メンテナンス.comではご提案させていただいておりますので、集塵機やオイルミストコレクターのメンテナンスを定期的に実施する必要があるお客様は、まずは集塵機メンテナンス.comにご相談ください。

11月 24th, 2020集塵機 ダストボックス清掃・フィルター交換

こちらのお客様は、接着材に使用される化学品の製造をされております。今回、集塵機の吸い込みが悪いということで、ご相談をいただきました。

 

調査を実施したところ、集塵機内部が汚れており、加えてフィルターに目詰まりが発生していることが判明。内部清掃と、フィルター交換をご提案させていただき、お客様にご説明したうえで、作業を実施させていただきました。内部清掃・フィルター交換後は、集塵機の吸い込み量も以前のように戻り、お客様にもご満足いただけました。

 

このような、集塵機が「吸わない」といったお悩みをお持ちのお客様は、集塵機メンテナンス.comへご相談ください。専門知識を持ったスタッフが、調査を実施させていただき、確実に改善につなげてまいります。

11月 24th, 2020集塵機 ダクト詰まりの復旧

こちらのお客様では、塗料の原料となる粉末を製造されております。その製造時の過程で、粉末が飛散し、工場の環境を悪化させるため、集塵をする必要があり、集塵機を導入されております。こちらの粉末の特徴としては、水分を含むと硬化してしまうというものがあり、集塵機のダクトを詰まらせる原因となります。

今回、こちらの集塵機のダクト清掃を、集塵機メンテナンス.comで実施させていただきました。ダクトを詰まらせていた、硬化した粉末の除去はドリルを使用して、少しずつ崩しながら除去をしております。

このように、清掃の難度が高いような集塵機のメンテナンスに関しても、集塵機メンテナンス.comは実績が多数ございますので、まずはお気軽にご相談ください。

11月 24th, 2020集塵機 穴あき・腐食 修理

こちらの工場では、集塵機ではマグネシウム粉を収集しています。また、集塵機メンテナンス.comで定期的にご訪問させていただいております。

今回、定期点検を実施させていただいたところ、集塵機のダクト部分に腐食による穴あきを発見。マグネシウム粉は、粉塵爆発を誘発する危険性があるため、すぐに交換を提案させていただき、修理作業を実施させていただきました。交換後は、集塵物の漏れ等もなく、快調に動作しております。

このような、集塵機細部までの各種チェック・保守は、集塵機の専門家にお任せください。万一の不具合発生時も、集塵機メンテナンス.comは、お客様の安全を守るために、徹底的な修理を実施させていただきます。

11月 24th, 2020粉塵を再利用する状況下のフィルター交換

こちらのお客様は、集塵機でケミカル類の粉塵を収集しております。また、収集した粉塵は再利用されています。

こちらのお客様へは、定期的にご訪問させていただいており、2年に1回の周期でフィルターを交換させていただいております。今回はフィルター定期交換の時期が来たため、フィルター交換を実施させていただきました。使用した粉塵を再利用している都合上、フィルター交換の際に出来る限り粉塵が漏れないよう、注意を払いながら交換作業を実施させていただいております。

このような、特殊な状況下のフィルター交換も、集塵機メンテナンス.comは対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼は、電話またはメールフォームより承ります。