お問い合わせ

集塵機技術情報

9月 9th, 2020集塵機 トピックNo.5 圧力の単位と集塵装置

圧力の測定は集塵機・バグフィルターの性能検査に非常に重要な項目です。圧力の単位は”mmH2O”です。一般には圧力の単位はkg/cm3、kg/㎡、atm、mmHg等が使われ、気象の方ではmbarとなっています。”××mmH2O”とは「水柱××ミリメートル」という意味で、例えば集塵機・バグフィルターの内側と外(外気)との圧力差300mmH2Oといえば、集塵機・バグフィルター内外の圧力差が水柱で300ミリメートルということです。これを他の単位に直しますと

300mmH2O=300kg/㎡

また。集塵機・バグフィルターは一般に負圧運転ですから大気に比べ300mmH2Oだけ気圧が低いわけです。集塵装置内の気圧は、およそ980mbar、一寸した低気圧並です。

さて最近では圧力の単位はパスカル(Pa)が国際単位(SI)として用いられています。これはMKS単位系で

1Pa=1N/㎡=10dyne/㎠

です。Nはニュートンで質量1kgの物体が1m/s2の加速度を生じるような力の大きさを表わします。Paは小さい単位ですから一般には千倍のkPaが用いられます。

1kPa=102mmH2O

で換算して下さい。

お問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼は、電話またはメールフォームより承ります。